BEAUTY COLUMN
美肌への近道

フケの原因は乾燥肌?フケが多い人の対策方法

2017年 12月 13日

空気の乾燥から化粧品の相性まで、「フケ」の原因は様々なものがあります。とくに冬場の乾燥フケは厄介で、気が付くと肩にフケがたくさん…なんてことも。乾燥肌が気になる方には、とくに深刻ですよね。

今回はそんな乾燥フケ対策のポイントをご紹介しようと思います。バッチリ対策で乾燥フケとはもうお別れ。うるおいに満ちた素敵な日々を過ごしましょう

 

対策1:ローションやオイルで保湿ケア

乾燥フケは、肌【1】や頭皮から「水分や保湿成分」が失われると出てきます。

 

 

 

 

  • 冬になると肌が乾燥してガサガサ。肩にフケが落ちてしまう。
  • 起きて髪をとかすとフケがボロボロ。シャンプーしたのに出てしまう。

 

理由は乾燥や体質など色々なものがありますが、大切なのは「皮脂に油分をしっかりと補給してあげる」こと。皮脂がしっかりと水分を抱えていれば、フケも怖くはありません。

 

うるおいに満ちたローションを

いや~な乾燥フケ対策には、ローションやオイルを使った保湿ケアが欠かせません

保湿成分を含んだローションやオイルには、うるおい成分がたっぷりと含まれているので、フケが出る前に頭皮や肌を乾燥からブロックできます。とくに「洗髪・洗顔後の使用」は乾燥を防ぐためのベストタイミング。ちょっとひと手間かけるだけで、フケやかゆみを抑える ことができますよ。

 

洗髪前のマッサージ!洗った後も続くうるおいしっとり肌。

使用するローションがわからない方には、「椿油」「ホホバオイル」などのオイルケアをオススメします。これらのオイルは天然のオーガニック成分なので、とても優しくアプローチ。

 

洗髪後の頭皮や肌に塗り2~3分マッサージするだけで、お肌のスミズミまでしっとり保湿効果で覆い、水分が逃げてしまうのを防げます。

 

  • クレンジングや洗顔すると肌が突っ張ってしまう。
  • お風呂から上がってすぐにフケが出てしまう。

 

このようなお悩みを抱えている方には、ぜひ試してみて欲しい手段です。

 

対策2:低刺激シャンプーに切り替える

普段使いのシャンプーや洗顔料を低刺激のものに切り替えてみるのも、とても有効なフケ対策です。

そもそも、基本的にシャンプーや洗顔料は「通常肌」の人を対象に作られています。乾燥肌の方には洗浄力が強すぎる刺激となることあり、汚れと同時に角質のスミズミまで皮脂を落としてしまいかねません。

皮脂の失われ過ぎたお肌からは、水分がどんどん蒸発し「乾燥だけでなく、シワやたるみの原因」となってしまいます。

つまり、乾燥肌の方にとって皮脂の落としすぎは禁物。たとえ洗顔や洗髪であっても、「ある程度の皮脂」を残すことが重要です。

 

「洗いすぎ」はいけません

洗髪や洗顔は、汚れや老廃物を洗い流し清潔な状態を保ちます。ところが、フケに悩んでいる方の中には汚れを落とそうと必死になるあまり、「必要以上に洗ってしまう」方も。

過剰な洗髪は刺激の強いシャンプーと同様に、頭皮や肌から皮脂を奪ってしまい、乾燥フケの原因を自ら作りだしてしまいます。

 

  • フケ取るために洗浄力が強いシャンプーを使っている
  • 乾燥フケが気になるから、つい繰り返し洗ってしまう

 

「なかなかフケが取れない!」とお悩みの方の中には、上記のような間違ったスキンケアをしていませんか?

冬場は肌が乾燥しやすいので、「1日1回」の洗髪がポイントです。1日に何度も洗髪を繰り返すと、頭皮ダメージを与えてしまいます。

 

対策3:洗い方を考える

洗顔のコラムでも触れた部分ですが、「頭皮お肌にダメージを与える洗い方」は基本的にNGです。

 

 

 

☆頭皮にダメージを与える3つの誤り

  • シャンプーをするときに頭皮に爪をたててゴシゴシと洗っている
  • 冬場は寒いからと熱湯を使ってシャンプーを落としている
  • ブローニング時にドライヤーを近付けて乾かしている

 

皆さんは思い当たる部分がありませんか? 実は、これらはいずれも「頭皮を傷つける要因」であり、避けるべき間違いとして数えられています。

 

シャンプーの「泡の力」を知ろう

そもそも、良質なシャンプーはフケや汚れを泡の力で洗い流すことができるように作られています。頭皮を直接ゴシゴシと強く擦らなくても、十分にフケや汚れは落ちるんです。

また、爪を立てて削り取る様に洗う方法も同様です。こちらは逆に頭皮の角質を傷つけてしまい、「新たなフケの発生を助長する」可能性も。絶対にやめるべき洗い方だと言えるでしょう。

 

ドライヤーは距離を離す

洗髪後のドライヤーも上手に使うことが大切です。冷たく空気が乾燥する冬場は、ドライヤーを頭皮に近付けて乾かす方が増えてきます。

ドライヤーが頭髪にダメージを与えることをご存知かと思いますが、頭皮についても同様です。あまり近付けると頭皮の水分を不必要に取り除いてしまい、結果としてフケの発生を助長しかねません。

ドライヤーを使う時は「頭皮から一定の距離を置き、時間をかけて乾かす」ことがポイントです。

 

まとめ

今回は冬場の乾燥に厄介な「乾燥フケ」対策をご紹介しました。保湿ケアや洗髪は乾燥したフケ対策に有効ですが、間違った方法では逆効果になってしまうことには注意が必要です。

効果的にフケ対策を進めるためには、肌に優しいローションやシャンプー選びが欠かせません。乾燥肌用の製品があれば、そちらを使用することをオススメします。

 

【1】肌や頭皮はいずれも「角質層」までを示します。

koiinaメルマガ登録はこちらから

ご登録いただくと、今なら購入時に使える300ポイントをプレゼント!是非ご登録ください。

メールアドレス

お名前